ホーム > 美を伝える取り組み>開発ストーリー > バレー真珠成分美拍タッピングクリーム

バレー真珠成分美拍タッピングクリーム

思い起こせば2003年の出来事。

楊さちこのもとに寄せられたアジアンコスメファンからの1通の手紙。

この手紙に記載されたスゴイ要望から生まれた、バレー真珠成分美拍タッピングクリームの誕生秘話。

「自分はかなりものぐさで、朝のメイクも時間をかけないタイプなのですが、美顔粉をつかうようになってから、ファンデーションを使わなくてもよくなったので、できれば、美容液や乳液やクリームも使わなくていいようにする方法を教えて下さい。」というスゴイ要望を叶えるために開発したのが、バレー真珠成分美拍タッピングクリーム。美容液や乳液、クリームを使用しないということは、肌の保湿を考えなければ問題ないのですが、それはあくまでも究極の選択。できれば、保湿を考え、何かしらのアイテムを使用したほうがいい。

ライン使いと比べても遜色のない美しさを求めながら、一般的にスキンケアに使用するアイテムである美容液と、乳液と、クリームの働きの長所のみをこのクリームひとつに集約するという、スキンケアの常識を覆すような要望が、私とバレー社に火をつける結果となり、美顔粉のパワーを最大限に活かしながら、美容液や乳液やクリームがなくても肌の水分、保湿を保ってくれる「バレー真珠成分美拍タッピングクリーム」の誕生に至ったのです。

毎日タッピングしながら使い続けることにより、肌が活性化し、いつも潤いを感じる状態に肌の感触が変化していく。その喜びを指先や手のひらで感じられるのが、バレーの真珠肌を目指すタッピングクリームです。

「肌のお手入れに労力はかけたくないけれど、美しい肌を保ちたい!」という慢性的に自分のためにかける時間が不足している現代女性たちから熱烈な支持を受け、一躍ヒットアイテムになりました。