ホーム > 美を伝える取り組み>極上素材物語 > 羅漢果

羅漢果

・     瓜科の多年草でつる性の植物

・     学名:momordicae grosvenori swingla

・     茎はつる状で、根は紅薯に似ており、雌雄両性がある

・     葡萄のように棚をつくって栽培し、棚の間から実をつける

・     葉は神経性皮膚炎や腫瘍に、根は疱瘡に、皮毛は刀傷を治すといわれているが一番効果があるのはその果実である。

・     果実はほぼ球形で直径4~6cm。生の果実は濃い緑色で、やや光沢を帯びている。

・     食用にするには、果実を採取して、天日に数日間さらして乾燥させたあと加熱加工する。加工した実は濃い茶色でうぶ毛に覆われている。手にとって見ると軽く手のひらで簡単に砕くことができる。これを殻ごと砕いて、殻も種も一緒に煎じた液体を飲み物や薬として使用する。

 

●羅漢果の育つ土壌とその条件

中国広西省・桂林周辺にしか生育しない貴重な植物です。
この地は3億年前は海底で、その時代から堆積した石灰質カルスト台地が、風雨にさらされ、桂林のふしぎな景色を形作っているといわれています。もともと海だった土地柄、石灰質カルスト台地は、貝や魚など多くの海中生物の死骸から成り立っており、そのためカルシウムをはじめ、たくさんのミネラルを含んでいます。

羅漢果は、このミネラルをたっぷり体内に取り込んでいます。また、この周辺は標高400m~1000mの山岳地帯ですから空気の澄んだ山の上は、平地より強い紫外線を受けます。しかも、この一帯は緯度的にも亜熱帯に属していますから紫外線の量はかなりのものです。このことも、羅漢果の薬効に大きな影響を与えています。さらに羅漢果が生育するためには、いろいろな厳しい条件が必要です。羅漢果は、日照時間が短く、昼夜の温度差が大きく、年間降水量が多くて、かつ、排水のよい地でなければなりません。このような条件の土地は、世界でもほとんどみられません。このように厳しい環境と気象条件がそろわなければ育たない植物なのです。この厳しい条件こそが、羅漢果の薬効を生み出したといえます。つまり桂林独特の土壌が、羅漢果の中に大量のミネラル・ビタミン・フラボノイドをはじめとする、スカベンジャー物質を、たくさん体内につくり出しているということになります。
(スカベンジャー物質とは病気を引き起こすといわれる「活性酸素」を取り除く物質のことです。「活性酸素」とは酸素が変化して酸化力が強くなったもので、その酸化力によって体の細胞を傷つけ、病気を引き起こします)

 

  • ●     羅漢果の特徴

羅漢果の特長はスカベンジャー物質を含むとともに、その甘味成分です。飲み物に混ぜるととても、おいしく飲みやすいのです。この甘味成分は「テルペングリコシド配糖体」といって砂糖の甘味があるのに、ほとんどカロリーがないという特性を持っています。それはトリテルペン系配糖体が、腸から吸収されずに排泄されてしまう性質を持っているので、体内でエネルギーとなったり、脂肪になったりする砂糖とは、全く異なった性質です。羅漢果1個の実には砂糖に換算すると50~80gに相当する甘味があります。ふつうこれだけの砂糖を毎日摂ったら肥満や体質の酸性化など、さまざまな病気を心配しなければなりません。しかし、羅漢果ならわずかな量でかなりの甘味を感じることができ、しかも排泄されてしまいます。大量に摂取しても、体に与える悪影響を心配する必要が全くないのです。また、甘味成分以外の成分も、きわめて低カロリーです。体にいいのに、甘くて飲みやすく、カロリーもほとんどないのです。

 

  • 羅漢果の薬効成分

(ビタミンE)

・脂溶性のビタミンで、熱や酸に弱い性質がある。

・体内でビタミンAやカロチンなどの酸化を予防し、赤血球の溶血を防ぎ、正常な生殖・機能に必要な物質。

・必須脂肪酸の過酸化を予防し、痴呆症や老化を防止。

・血管を開き血行を良くする。

・細胞膜を構成している不飽和脂肪酸の酸化を予防し、細胞の損傷を防ぐ。

・     活性酸素を除去する。

 

(カロチン)

・     体内に取り込まれてからビタミンAに変わる。

・     カロチンには4種類あるが、もっともビタミンAへの転換率が高いのが羅漢果に含まれるβカロチンで、ほぼ100%がビタミンAに変わる。

・     呼吸器系の感染に対する抵抗力をつけ、免疫力を強化。

・     成長を促進し、強い骨、健康な皮膚、髪、歯、歯茎を作る。

・     活性酸素除去作用、抗酸化作用

・     体内のビタミンAが必要量に達するとビタミンAへの転換をやめてしまうという特性がある。体内でビタミンAに転換されなかったカロチンには、強い抗酸化力と活性酸素除去作用があります。

 

(リン)

・     成長に不可欠なミネラル。

・     細胞の代謝を促進し、細胞の育成、調整、補修を行うと同時に血中の酸とアルカリのバランスを調整

・     ホルモンの分泌を助け、脂肪と脂肪酸の活用をすすめる。

・     蛋白質と結合して筋肉の働きを助ける。

・     心臓や腎臓が正常に機能するためにも不可欠。

 

(鉄)

・筋肉組織に酵素を送るミオグロビンと血液中にあって酸素を運ぶヘモグロビンをつくるのに不可欠な物質。主に、血液の中で使われる。

 

(カルシウム)

・     細胞組織の強化、骨格や歯の形成に必要不可欠。

・     細胞膜の浸透圧を調整して心臓の鼓動の調整をする。

・     神経細胞、筋肉の機能にも働く。

・     体内のアルカリ性のバランスを保つ。

・     血液の凝固作用もつかさどっている

 

(ナトリウム)

・カリウムとともに神経細胞の機能に不可欠な物質

 

(カリウム)

・     神経細胞や筋肉の機能に重要で、筋肉を収縮させる働き。

・     体内の水分バランスを調整。

・     心拍のリズムを正常に維持。

・     ブドウ糖をグリコーゲンに変える働き。

・     酵素の働きを助け、胃腸や末梢神経を強化し、筋肉に弾力性を与える。

 

(マグネシウム)

・     体内の酵素の活性化

・     蛋白質の生成と移動

・     細胞の活性化、再生化促進し、新陳代謝、蛋白質代謝、糖代謝、脂質代謝を盛んにする。

 

(亜鉛)

・     酵素、蛋白質の合成に不可欠

・     筋肉の収縮性をつかさどる

・     インシュリンの形成をたすける

・     血液の安定維持

・     体内の酸とアルカリのバランス維持

・     前立腺の機能の促進

・     生殖器官の発達

・     コレステロールの増加を抑制する

 

  • 基本の作り方

①     羅漢果を粗く砕く

②     鍋に水を2ℓ入れて、その中に①を入れる

③     中火で約20分煎じる

④     火を止めて10分くらい置き、ペーパータオルで漉して、消毒した容器に移し替える。

※毎日お茶代わりに飲むといいです。また、2~3倍に薄めてスキンケアにも使えます。

 

羅漢果でスキンケア


シミ・ソバカスの改善とシワの防止に
肌が紫外線を浴びると、活性酸素を多量に発生させます。活性酸素によって メラニン色素の形成が保進され、シミの原因になるのです。 早い人だと22歳頃からシミは現れますが、老人の肌に多かれ少なかれ 見られるシミの原因も、活性酸素が起因する過酸化脂質の働きで リボフスチンという物質ができて沈着してしまうからです。 羅漢果は、活性酸素をとり除き、過酸化脂質を押さえる効果が高いので シミの発生を防ぐと同時に、除去することができます。 また皮膚の主成分であるコラーゲンの水分が不足すると、皮膚はかさかさに乾燥、 固くなり、肌あれやシミを作る原因になります。もちろん、体内でもコラーゲンを保潤する働きはあるのですが、活性酸素が 過剰に発生したり、これを除去する防衛力(SOD)が衰えると十分に 保潤することができなくなります。体内でのSODの生産機能は、 40歳を過ぎると急速に減少するので肌の老化やしわも、この年齢ぐらいから 始まるのです。  羅漢果には、SODと同様の成分が豊富に含まれている為、 体内に取り入れれば、からだのうちからも作用しますし、直接塗れば皮膚表面からも浸潤して、 肌荒れや老化を防いでみずみずしく保つことができます。また、 化粧水がわりに肌に塗ることにより、 紫外線から肌を守り、シミ、しわを防ぐこともできます。お出かけの前の化粧下地としても使えます。 手の荒れや肌のかさかさが気になるときは、一日数回スプレーボトルに移しかえたものを使ってスプレーし、よくすりこんでみましょう。つけた瞬間から、つるつるになるのを実感できます。 滑らかで白い肌に変身!   また、ペーパーマスクなどにしみこませてパックにもなります。   シミやそばかす、しわなどに部分的に使う場合は、羅漢果の液体をほんの 2~3滴手に取り、そこに水を少々加えて、好みの粘度に練り合わせて、塗りましょう。    初めはべたべたした感じがしますが、少したつと乾いて、パックした状態と 同じになります。2~3時間おいて、ぬるま湯で洗い流して下さい。 そのまま一晩寝て、翌朝洗っても大丈夫。肌の弱い人でも安心して使えます。    何回か試すうちに、シミは薄くなり、肌に張りがでてきます。

湿疹、かゆみ、アトピー性皮膚炎にも効果的
アレルギー体質改善には、羅漢果茶などの飲用で体の内部から行いますが、 皮膚の表面に現れるかゆみや湿疹、いわゆるアトピー性皮膚炎の症状には、 直接皮膚から吸収させる方法が、より効果的で即効性があると言われています。   液体を手のひらですりこむように伸ばして下さい。 痛みや痒みがとれて、すっきりします。    副作用もないので、赤ちゃんにも安全なのが嬉しいですね。

切り傷、やけど、虫刺されにも     
これらによって皮膚細胞が損傷をうけると、体は防衛本能で炎症を起こします。この炎症をすばやく抑えるために、羅漢果を直接患部に塗るのが有効なのは いうまでもありません。    痛みやかゆみを止めて、治りを早くします。消毒薬のように、 しみることがないので、子供にも仕えます。

  髪の健康と潤いに、ヘアスプレー・リンスと同じ効果が!
洗面器に小さじ1/2杯くらいの液体をいれ、シャンプーのすすぎの後に使えば、 パサパサで痛んだ髪もしっとりと美しい髪に仕上がります。 髪がいきいきと健康的になり、フケや抜け毛も減少。薄くなりだして心配な男性にも。    タオルなどにつくと、茶色の色が移ってしまいますが、良く洗えばおちます。 いつも使う場合は、専用のタオルにしておくといいでしょう。    また、出掛ける前に髪がまとまらず、困ったときには、スプレーで吹きつけて、 ブラッシングしてみて下さい。潤いとつやがでて、思いのほか、きれいにまとまります。

入浴剤にしてもきもちいい! 全身の美容と健康に。

入浴剤としてお風呂に入れれば、血行をよくし、肩凝り、腰痛、冷え性にもいいようです。 湯船が薄い紅茶色になるぐらいが適量です。  冷え性の人は、このお湯にゆったり長めに入れば、体が芯から温まり寒い冬も、 寝床に入ってぐっすり眠れます。 肩凝り・腰痛に悩む人は、お湯の中で痛いところをマッサージしながら入浴すると、 さらに効果的。全身の血行をうながし、筋肉をほぐして、だるさがなくなります。 もちろん、乾燥肌や、ストッキングが引っかかるような荒れ性の肌も潤いのある つるつるした肌に生まれ変わります。    子供からお年寄りまでにやさしい、「羅漢果風呂」で、風邪などひかず、 丈夫でみずみずしい、健康的な肌をつくつてください。