ホーム > 美を伝える取り組み>開発ストーリー > 養顔珍珠 美顔粉

養顔珍珠 美顔粉

進化したファンデーションを使うより、自分の肌を進化させませんか?
クレンジングしてもなくならないキレイを目指す「美顔粉生活」

【体が健康であるという表現が「美肌」そのもの】
私は、「美肌になりたい」女性たちに、夢ではなく現実に手に入れられる目標を持って頂くようにしています。それは、自分自身が持つ肌の中で一番きれいな部分である≪二の腕の内側≫、紫外線からのダメージも少なく、赤ちゃんだった頃の肌質を残している部分です。
「赤ちゃんのような肌」は、美肌の代名詞によくたとえられますが、健康な赤ちゃんの肌は、しっとりと吸いつくようにみずみずしく、すべすべで、きめが細か くって本当にうらやましい限り。その秘密は、水分量にあるのです。赤ちゃんはその体の80%が水分でできているのですが、おとなになると水分量は 60~70%に減ってしまうといわれています。逆に赤ちゃんの肌がくすんでいたり、カサカサしていたら、どこか悪いところがあるのかも?と心配になってし まいます。
つまり、見た面にきれいな肌は、体内の美しさも意味します。体が健康であるという表現が「美肌」になります。
自分自身の二の腕の内側と、顔の肌のすべての部分を比べてみて、どこがどういう風に違うのかということを客観的に観察し、その違いをなくすために努力するのが、自分の目標とする美肌への近道ではないでしょうか?
「メイクで作り上げる美肌」は、表面上のものです。やはり化粧を落とした後の肌もきれいでありたい!それ以上に化粧で隠さなくてもいい肌になりたいというのが、全ての女性の本音ではないかと思います。
素肌を美しくするには、肌質を整えなければなりません。そのためには、体の内と外からの美容がいかに大切かということを私は常に語ってきました。

続きはこちら→http://www.asian-cosme.asia/html/newpage.html?code=74