ホーム > レピークのある生活 > 女性の美のサイクル > 24時間のサイクル

24時間のサイクル

24時間のサイクル 23-1時:肝の排毒時間 1-3時:胆の排毒時間 3-5時:肺の排毒時間 5-7時:大腸の排毒時間 7-9時:起床時間 9-12時:仕事や勉強をする時間 12-13時:休憩してからお昼ごはんの時間 13-14時:疲れを感じる時間 14-16時:仕事能力が復活してくる時間 16-18時:体を動かすのに最適な時間 18-20時:リラックスを心がける時間 20-21時:反応が敏捷になる時間 21-23時:リンパの排毒時間

7:00~9:00  起床時間 1杯の温かいお湯が水分とキレイを与えてくれます。

中医学的に、朝起きるのに一番の時間帯は、朝5時から7時の間。しかしこれは、現代の生活を営んでいる女性にはかなり厳しい時間帯。
だから、朝7時から9時の間には起きるようにしてください。
起き上がるときには、まずベッドの中で背伸びをしたり、足腰を動かしたりして、体内の血液の循環を促進してからに。
そして、起きた後にはマグカップ1杯のぬるま湯をゆっくり飲んでください。そうすることにより、夜の間にできた体内の老廃物が排出されやすくなります。
そして、朝ごはんをしっかり食べてください→この時間帯にとった食物は一日の中でもっとも容易に消化・吸収・代謝・利用されます。

9:00~12:00  仕事や勉強をする時間

この時間帯は、気血の働きが充実するので、注意力や記憶力がイチバンいい時間帯です。ストレスを感じることも少なく、しんどいことも楽ちんにこなせます。この時間にぼーっと過ごすのは、一日の中で一番カシコイ時間帯を無駄にしているのと同じことになります。
また、この時間帯は肌の機能や抵抗力も充実しているので、エステに行くのにもいい時間帯です。

12:00~13:00 休憩してからお昼ごはんの時間

全身器官が総動員して働く時間帯です。その働きを妨げないようにするためにも、すぐにご飯は食べないで、まず、座ってゆっくり目を閉じ、瞑想して落ち着いてからのご飯にしてください。(ご飯を食べてからのお昼ねは、太る原因にもなるので、食べる前にちょっと休憩というのがおススメです。)
昼休みは、午後の仕事の効率を高める効果があります。食事の後に、ちょっと外に出て新鮮な空気を吸ってください。

13:00~14:00 疲れを感じる時間

血液とホルモンの分泌がスローダウンするので、ちょっと疲れた感じがする時間。
仕事をするなら頭を使わなくてもできる仕事、家にいるならちょっと体を動かす程度の家事をするのをおすすめします。
この時間帯は小じわが目立って見えたりもするので、化粧直しにお勧めの時間です。

14:00~16:00  仕事能力が復活してくる時間

視覚、味覚、聴覚などが敏感になる時間帯なので、午後の時間帯の中で一番仕事に向いている時間帯です。

16:00~18:00  体を動かすのに最適の時間帯

痛みを感じる感覚が弱くなり、頭を使う能力がダウンしてきます。
この時間には、体を動かしたり、エクササイズをするのがおすすめです。運動でダイエットするのに一番向いている時間帯です。家に帰る道で階段を使ったり、ひと駅前で降りて歩いたりしてください。
また、食事前にお風呂に入ってリラックスしながら代謝を高めるのにも最適の時間帯です。

18:00~20:00 リラックスを心がける時間帯

夜の7時ころは、一日の中で一番情緒が不安定になる時間帯です。だからちょっとのことで腹が立ったりすることも。
夜8時までに夕食を終えることにより、落着きを戻してきます。ダイエットしたい方は食後30分してからの散歩がおすすめです。
この時間帯にリラックスできたら夜はゆっくり眠れます。

20:00~21:00 反応が敏捷になる時間帯

夜の中で一番頭が働く時間帯。仕事中であれば、この時間に会議をしてください。
また、食後の時間帯でもあります。この時間帯にエクササイズをするのもおススメです。
毛細血管の抵抗力が弱くなったり、血圧が下がる時間帯でもあるので、肌に敏感な症状が出たり、むくんだりしやすくなります。だからこの時間帯にフェイシャルをするのはやめましょう。

21:00~23:00  リンパの排毒時間帯

体が排毒を始める時間がスタートします。
ゆっくりお風呂につかって全身の筋肉や関節をリラックスさせることにより、血行を促進したり、気持ちのいい眠りに備える時間。
またスキンケアにもおすすめの時間。この時間帯にスキンケアをすることにより、睡眠中に美容されます。
内臓の排毒をスムーズに進めるためにも、美容にもダイエットにもいい影響を与えるためにも夜は10時から11時に眠るのがおすすめ。

※リンパ系統は免疫系統ともいう。動脈、静脈に次ぐ第三の循環系統。人体で最大の老廃物や菌を防御する。体液をリンパが漉してもとの所に戻す。
※リンパは静脈に取り込まれなかったあふれた分の老廃物を代わって運搬する働きをもっている。そして老廃物をきれいにしながら再び静脈に戻す。

また、細菌などから体を守る免疫機能の働きもある。リンパ節がフィルターとなって老廃物や細菌をカバーし風邪や病気にならないようにしている。

23:00~01:00 肝の排毒時間帯

肝臓以外の大部分の人体器官の動きがスローダウンする時間帯。肝臓は、この時間帯を利用して、人体の毒素を取り除く。→この排毒過程は、熟睡中でないと起こらない。 ※有毒物質を無毒物質に解毒する器官。有毒物質が出す老廃物を胆汁にして体外に排出する。

・養分を蓄える
-> ブドウ糖をグリコーゲンとして蓄える
・代謝と体温の発生
-> グリコーゲン・タンパク質・脂肪を合成、貯蔵、分解し必要に応じてエネルギー源として送る。
(この代謝によって発生する熱は、体温の維持に役立つ)
・胆汁(胆液)をつくる
-> 胆液(十二指腸で分泌)は脂肪の消化を助ける
・体内の有害な物質を無害な物質に変える(解毒作用)
-> 例)アンモニアを尿素に変える
・血液の貯蔵
-> 血液を貯蔵し、循環量を調節する

この時間帯は、細胞の成長と修復のスピードがアップします。この時間までに終えたスキンケアの効果が最大に発揮される時間帯です。→これは眠っていないと起こりません。

24:00~4:00 脊椎が造血する時間

この時間帯は、熟睡をしていることが大切。でないと、脊髄の造血過程に影響を及ぼします。また、朝方4時前後は、血圧が一日の中で最低になります。
※脊椎は頭蓋骨の真下から尾骨 (びこつ) に至るまでのいわゆる“背骨”の部分。

脊椎の主な機能
  1. 脊髄などの大切な神経を保護する
  2. 上半身を支える
  3. 上半身を動かす
  4. 肋骨との組み合わせで内臓を保護する

脊椎に変性、変形、骨折、腫瘍 (しゅよう) など何らかの問題が生じると、骨や椎間板自体が痛んだり、上体の運動に支障をきたすことがあります。また、脊髄や神経根などの神経を傷つけたり圧迫したりすると、痛み、しびれや麻痺、排泄障害などの症状が出現します。

1:00~3:00 胆の排毒 時間

夜中の1時ごろは、眠りが浅い。2時になって胆の排毒が始まる。
夜中の3時になって、体全体が休み始める

<主な生理機能>
  • 胆汁の貯蔵と排泄
  • 決断を主る

この時間帯に眠っていることにより、胆の排毒が促進されるので、しみができにくくなります。

3:00~5:00 肺の排毒 時間

排毒の働きが肺にくるので、咳をしやすいひとは、この時間が一番ひどくなります。しかし、肺からの排毒機能を妨げてしまうので、この時間帯に咳止めは飲まないようにして下さい。

※肺は、息をはくことにより、毒を体外に出している。が、肺は、人体の中で一番 有害物質を貯めやすい器官。呼吸によって、空気中の細菌、毒、ほこり、などのアドの有害物質を入れやすい。

肺は、肌のキレイに影響を及ぼします。この時間に眠っていることによって、肌が、キレイになります。

5:00~7:00 大腸の排毒 時間

血圧の上昇、心拍数の増加が私たちを睡眠にいざないます。しかし、この時間帯は体がよみがえり始めているので、大腸が排毒に活躍し始める時間でもあります。つまり、トイレに行って排便するのに最適な時間帯です。
大腸は主に体内の老化した細胞や血液を便へと代謝(物質変換)し、消化吸収されなかった食物とともに排泄する役割を持つ臓器です。

このページの先頭へ