ホーム > 楊さちこについて > 楊さちこと中医美容学

楊さちこと中医美容学

楊さちこと中医美容学

中医美容とは

中医学の現在

写真

中医学は、数千年の歴史がある中国の伝統医学です。西洋医学とは異なり、人の持つ生命力を重視し、重い病気になる前に予防するのが特徴です。

中医師は患者の全身を見て治療を行います。脈や舌、声の張りなどを観察し、複数ある症状から治療方針を決めます。そして、症状にあった天然の生薬(漢方)の配合、ツボ・はり・きゅうなど効果的な治療法を見つけ出し、自然治癒力を高めることで治癒に導くのです。

診断の際、採血したり、医療機器を用いたりすることはありません。体を侵襲することがなく、無害です。その分、診断には技術が必要であり、数年の勉強と訓練が求められています。

修得期間が長いためもあり、最近、中医師の後継者不足が目立ってきました。中国科学技術情報研究所の統計では、1900年代初頭に80 万人いた医師が、2006年には27万人まで減少したそうです。さらに、このうち技術の高い中医師は3万人足らずです。私が教鞭をとっている南京中医薬大学でもこの問題は深刻です。微力ながら、私も中医師育成のお手伝いをしています。

中医美容学とは、「中医学を取り入れ、安全で効力の高い生薬を配合した美容薬や美容療法」のことです。中国では、健康でなければ美しくないと考えます。健康と美は同じものだとするのです。

美を追究すると、健康になり、逆もまたしかり、というわけです。そのため、昔は富裕層にしか手の届かなかった生薬もたくさんありました。今では研究も進み、比較的多くの方に使っていただけるようになりました。

このように中医学では、「美容」も医学として体系化され、年々進歩をとげています。

中医学の神秘

写真

私は中国語を学ぶために1985年、広州の大学で勉強を始めました。はじめての中国での大学生活はストレスの連続で健康を害することがしばしばでした。そんな中で私が出会ったのが「中医学の神秘」でした。

その出会いの第一歩は、スープでした。私が精神的に不安定なときに、広州でかわいがってくれたおばあちゃんがスープを作って食べさせてくれたのです。それは烏骨鶏、山薬、人参、などを時間をかけて煮込んだ滋味あふれるもので、「薬膳スープ」と言ったら想像しやすいかもしれません。私はおばあちゃんのスープを毎日いただくことで、健康になり、元気を取り戻すことができました。

その時、病気を治すのは薬だけではなく、日常の食べ物でもできることを知り、驚きました。さらに後で、中国ではそれは普通のことだと聞き、二度驚かされたのでした。

中医学の入り口として私はまず、「本草綱目」(中国の薬学辞典・全52巻)を読破しました。その後香港に移住、働きながら6年間をかけて本格的に中医美容学を学びました。勉学にいそしむうちに、将来の自分の道も見えてき、現在の私があります。

今、私は南京中医薬大学の東方美学研究院長として、中医学、中医美容学の成果(チカラ)を世界に紹介しています。

このページの先頭へ